社員インタビュー Interview 社員インタビュー Interview

若手に大切な仕事を任せるだけじゃなく、
しっかり見ていてくれる安心感。

プロフィール

國分 愛(パーソナルセンター/総合職)
人間科学部を卒業後、2016年に新卒入社。初めての配属先であるパーソナルセンターでお客さま向けのご案内業務を担当。
入社動機は?

例えば部品メーカーや金融など、社会を「縁の下の力持ち」として支え、なくてはならないような業界に興味がありました。そんな時にオリックス・クレジットのインターンシップに参加。まだ入社2年目の人事の方がファシリテートしているのを見たり、産休育休からの復帰率が非常に高いことを知って、若手や女性が活躍できる会社なんだと感じました。その後も説明会や面接で出会う方の雰囲気もよく、自然体で話ができることに「自分と水があっているのではないか」と確信しました。

現在の仕事内容は?

当社のお客さまからの電話やメールの問い合わせ窓口である、パーソナルセンターに所属しています。例えば「今の契約内容から増枠したい」というお客さまには審査部門へおつなぎしたり、お得なキャンペーンが開始されればその内容をご案内したりとさまざまなシーンでお客さまと接点を持ちます。最近は派遣オペレーターの管理・指導を担当するようになり、改めて伝える難しさを実感しています。

借りやすく、返しやすい。それがお客様にとって最大の利用価値
伝える難しさとは?

私には相手に「正確に伝えなければ」と考えるあまり、いろんな情報を詰め込んで、話が長く早口になってしまう傾向があるようです。お客さまから「分かりにくい」とご指摘いただくこともしばしば。先輩に学んだり、ベテランオペレーターの技術を盗むことで「結論から言う」「短文で伝える」「抽象的な話は事例を交える」「ゆっくり話す」という4点を心掛けるようにしたところ、最近は「ありがとう、丁寧で分かりやすかったよ」とのお声をいただく機会が増えました。

最近うれしかったことは?

当社のカードローンを利用するには、定期的に収入証明書を提出していただく必要があります。ところがうっかり出し忘れる方も多く、いざ「融資が必要」となったときにお困りになるのではないかと、チームでご案内コールを差し上げたことがありました。その手順や説明方法を私が考え、改善しながら継続したところ多くの方に「忘れていたよ、ありがとう」「近々必要になる予定だったんだ」と感謝され、結果的に融資額を増やすこともできました。自分で考え、行動したことが結果につながるのは、本当にうれしいことですね。

借りやすく、返しやすい。それがお客様にとって最大の利用価値
オリックス・クレジットの好きなところは?

先述のようにまだ1年目(取材時)の私に仕事を任せてくれるところは、すごいなと思います。困った時には上司や先輩方から的確なアドバイスをいただけるので、しっかり見ていてくれる安心感もあり、思い切って仕事ができる会社です。またアットホームな雰囲気は入社前に感じたとおりでした。仕事終わりに飲みに行ったり、野球の応援に行ったり。有給休暇も取りやすい雰囲気なので私は旅行や夏フェスへの参加に使っています。ONもOFFもメリハリつけて働きたい方には、いい会社だと思いますよ。

借りやすく、返しやすい。それがお客様にとって最大の利用価値
上司が見た國分

永瀬

永瀬和美(1998年入社)明るく素直な勉強家。
明るく素直で、おおらかな魅力にあふれた國分さん。営業第一部担当の窓口として自分なりに新たな施策案を出し、実施後の検証・改善まで取り組むなどとても頑張っています。最近かなり成長しましたが、説明時の話し方に少し苦手意識があるようです。でも大丈夫。実は私も最初は説明が本当に苦手で、よく「話が長い」と言われたものです。まわりには頼れる先輩がたくさんいますから、いいところを学んでいきましょう。
その他のインタビュー

ページの先頭へ戻る