社員インタビュー Interview 社員インタビュー Interview

挑戦できる選択肢が多い。
だからこそやりきる姿勢が重要。

プロフィール

松﨑晃生(営業第一部/課長)
経済学部を卒業後、1998年に新卒で入社。管理センター、総務部、パーソナルセンターなどを経て、現在は営業第一部で課長として奮闘中。
現在の仕事内容は?

自社ローンカードの販売促進、利用者拡大のためのさまざまな活動を行う部署で、マネジメントを担当しています。例えば、ヨドバシカメラさまやロイヤリティマーケティングさま(Ponta)のようなカード提携先の新規開拓や、経営者向けカードローン(ORIX CLUBカード)の拡販を行います。ターゲットや状況にあわせた新商品の開発や、インターネット広告、ダイレクトメールなどのプロモーションを行うなど、可能性のあることにいろいろと挑戦していく部署なので業務内容は多岐にわたります。

仕事のやりがいは?

何にでも挑戦できる分、新しいことを産み出す苦しみはありますが、あらゆる手を尽くして、目標を達成できた時はやはりうれしいですね。どうすれば成功するのか、社内の他部署はもちろん、広告代理店や新規提携先企業のご担当者さまなど、日頃からさまざまな方面にアンテナを立てて情報を収集しています。また課長になり、育成のやりがいを実感する機会が増えました。若手が指示待ちでなく能動的に、言われた以上の動きを見せた時などに喜びを感じます。

借りやすく、返しやすい。それがお客様にとって最大の利用価値
仕事をする上でのこだわりは?

忙しいとつい目の前の仕事に流されてしまいがちですが、一つひとつの仕事の意味や背景を理解した上で業務を行うよう心がけています。マニュアルや表面上の指示だけで行うのは一見楽に見えますが、本質を理解していないため、修正、ミスなどの無駄が増えてしまいます。仮に自分としてはうまくいったと思っていても、理解しないでやった仕事は上司に不思議と見抜かれます。上に立つ人は、ちゃんと本質を知っているのですね。

今後、目指すべき姿は?

今の業務に携わる上司や先輩社員は、まさにオリックス・クレジットを支えていると思えるほど、仕事に情熱的で圧倒されます。本質を知って、情熱で事業を推進する。私もプレイヤーとして、部下・後輩を引っ張るリーダー役として、そんな姿に少しでも近づけるよう努力していきたいと考えています。

借りやすく、返しやすい。それがお客様にとって最大の利用価値
就活中の方にメッセージを!

私が入社当時に感じた社員の人柄や雰囲気の良さは、入社15年以上経ちますが本当に期待どおりでした。安心して仕事に打ち込める環境という点では自信を持っていますので、ぜひオリックス・クレジットの門を叩いてみてほしいですね。

借りやすく、返しやすい。それがお客様にとって最大の利用価値
メンバーが見た松﨑

野崎

野崎聡展(2013年入社)部下の頑張りをしっかり見ている
私の直属の上司である松﨑さんは、日々新しいことに取り組んでいる方で、現在も新商品のリリースを目指してアクティブに動いています。私は営業歴が浅いので、取引先や提携先との商談同行など、日々松﨑さんから学ばせてもらっています。忙しい中でも時間をとってメンバーの指導をし、頑張っている姿もしっかり見ていてくれる。とても頼もしい上司です。
その他のインタビュー

ページの先頭へ戻る