お借り換えのお客様へお借り換えのお客様へ

フラット35のお借り換えにもご利用いただけます
長期固定金利だから、将来的な金利上昇リスクに備えられます

長期固定金利型ローン【フラット35】は、将来的な金利上昇リスクに備えることができます。変動金利でお借り入れ中の方も、フラット35に借り換えを行うことで、金利が上昇した場合の毎月の返済額の増額を防ぐことができます。フラット35の適用金利は、2016年4月に史上最低を記録しています。変動・短期固定金利と大差ない金利水準になっているいまだからこそ、住宅ローンは長期固定金利で安心なフラット35をぜひ、ご検討ください。

他行からオリックス・フラット35へ借り換えた場合、金利・お借り入れ残高・返済期間等によって、お支払総額が少なくなる場合があります
他行からオリックス・フラット35へ借り換えた場合 グラフと表 他行からオリックス・フラット35へ借り換えた場合 グラフと表

※上記例の金利は、当初お借り入れ時点と借り換え時点におけるフラット35(融資率90%以下、新機構団信付き、初期手数料タイプ、ご返済期間21年以上)の基準金利です。

<前提条件>
①借り換え前後の条件(金利以外)
・借り換え前:お借り入れ残高2,000万円、残りの返済期間25年、元利均等返済、ボーナス払い無し
・借り換え後:借り換え前と同じ

②借り換え時の諸費用
お借り換え時には、別途諸費用がかかります。
・融資手数料 432,000円(お借入金額 20,000,000円×2.16%(税込))
・登記関連費用
 登録免許税、司法書士報酬
 各80,000円
・印紙税 20,000円
上記例では、以上の諸費用合計を612,000円としています。

個別にご相談ください

・借り換えにつきましては、個別にご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。
・ご相談は、下記お問い合わせ先までお電話にてお願いいたします。後日「借り換えシミュレーション」の作成、「申込書」を送付させていただきます。
・なお、ご相談に関する資料送付に多少お時間をいただく場合がございます。

借り換えシミュレーション

借換融資についての詳細は、下記住宅金融支援機構ホームページの「【フラット35】借換融資のご案内」に掲載されております。また、お客さまご自身でも住宅金融支援機構ホームページで「借換えシミュレーション」の作成が可能です。

よくあるご相談

以下の内容でもお取り扱いできる場合がございますので、お気軽にご相談ください。
・借り換えに伴う諸費用を含めたご融資
・自己資金により一部繰上返済をしたうえでのご融資
・融資期間の短縮
・第2順位の抵当権設定がある不動産に対するご融資

お借り換えについてのお問い合わせ先

オリックス・クレジット株式会社 モーゲージバンク事業部
借り換え担当まで

※下記フリーダイヤルの自動音声ガイダンスに従って「2」の「ご検討中」をお選びください。

お問い合わせ

0120-2662-350120-2662-35
受付時間9:00-17:00(土日祝および12/30~1/3休)

よくあるご質問はこちら

貸付条件をご確認の上、ゆとりを持ったご返済計画を。オリックス・クレジット株式会社登録番号:関東財務局長(12)第00170号日本貸金業協会会員第003540号 ご返済等でお悩みの方は日本貸金業協会貸金業相談・紛争解決センター0570-051-051 受付時間9:00~17:30 土、日、祝日、12/29~1/4を除く貸付条件をご確認の上、ゆとりを持ったご返済計画を。オリックス・クレジット株式会社登録番号:関東財務局長(12)第00170号日本貸金業協会会員第003540号 ご返済等でお悩みの方は日本貸金業協会貸金業相談・紛争解決センター0570-051-051 受付時間9:00~17:30 土、日、祝日、12/29~1/4を除く


PAGE TOPPAGE TOP